阪神カギは1、2番 助っ人もっと振れ/桧山進次郎

とらほー速報
1


阪神の開幕から3カード連続負け越しは思ってもみないことでした。巨人、ヤクルト、DeNAとの9戦は5勝4敗、うまくいけば6勝3敗と読んでいただけに痛いですね。

いずれも狭い球場だったので打ち合いも考えられました。しかし、チーム打率2割4厘、平均2・1得点が示すように、打線が機能しなかったのが大きく響いた。

ぼくも98年に開幕から3カード負け越しを経験しているので、重苦しいムードは察することができます。移動日を挟んだ30日からの中日3連戦は、なんとしてもカードの「頭」をとりたい。

ポイントになるのは1、2番の出塁にかかっています。3番糸井、4番マルテのバッティングの状態が良いので、その前に走者をためて得点に結びつけたいところです。

特にトップバッターの近本ですが、DeNA戦をみていると、フォームが小さくなっているように感じました。具体的にいうと猫背になっている。グリップの位置も下がっているようでした。

打者は今まで以上にストライク、ボールの見極めをしようとすると、背中が丸くなりがちです。結果がでないと余計にそういう姿勢になって、だんだんフォームも小さくなってしまう。

だから打撃練習から大きくスイングすることを心掛けることです。近本は足も速いし、固め打ちするタイプなので、これからきっかけをつかめば上昇してくるはずです。

また新外国人ボーア、サンズは、もっと初球から振ってほしい。変化球に対応しようと、ストレートに差し込まれている。広いナゴヤドームだけに「ガツン!」といきたいものです。




阪神はそのグロいのが1、2番なんだよな…(絶望)  https://twitter.com/cherry_love_ys/status/1277266686870081536 



近本、糸原とか1、2番としては論外の成績だけどじゃあだれが打つんってなったら誰も候補が出てこないのはまさに2018阪神


続きを読む