阪神・北條と熊谷がショート早出特守 ともに直近の出場で失策

とらほー速報
1


 「阪神-DeNA」(1日、甲子園球場)

 阪神の北條史也内野手と、熊谷敬宥内野手が、午後2時からの練習開始前の午後1時30分頃からショートで早出特守を行った。

 北條は遊撃で先発した7月30日・ヤクルト戦(神宮)で、0-1の七回に先頭・宮本のゴロをファンブルする失策。これをきっかけに2死一、三塁となり、坂口の適時打で2点目を奪われた。

 さらに同2死一、三塁で、上田が遊撃と中堅の間に打ち上げた飛球で、中堅・近本と交錯して落球する適時失策。先発・藤浪の足を引っ張ってしまった。

 熊谷も途中出場した7月31日・DeNA戦の延長十回1死で、遊ゴロを失策。その後、左翼・サンズの美技に救われたが、痛いミスを犯していた。

 阪神は7月31日までの34試合で12球団ワーストの26失策を記録している。




阪神・北條と熊谷がショート早出特守  ともに直近の出場で失策 (デイリースポーツ) 練習するしかない!!😠  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200801-00000062-dal-base 



そこまで試合出てるわけで無い北條と熊谷で6失策(木浪は1失策)してるのと、投手のフィールディングが原因かな pic.twitter.com/VXM6GZJRTV


続きを読む