阪神 2軍調整中の高山が6戦連続Hで3安打2打点とアピール、オリ山岡は4回途中3失点降板

とらほー速報
1


 ◇ウエスタン・リーグ 阪神―オリックス(2020年8月2日 鳴尾浜)

 阪神は3点劣勢で迎えた初回、先頭の高山がオリックス・山岡から6試合連続安打となる左二塁打を放ち出塁。2死一、二塁から伊藤隼太の左前適時打で1点を返すと、4回には2死一、二塁から再び高山が2番手・海田からセンター前へのヒット。ダイビングキャッチを試みた中堅手が打球を後ろにそらす間に2者が生還する適時二塁打で同点に追いついた。5回に1点ずつ取り合った後は両チームの救援陣が踏ん張り、引き分けに。

 オリックス・山岡は左内腹斜筋の筋挫傷からの復帰登板で、3回2/3を5安打3失点だった。




早く1軍で見たい!高山、同点となるタイムリーヒット! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース https://t.co/yTiVlBYyk1



@toratele やった!! 早く戻ってきて欲しい……((o(。>ω<。)o))



@toratele @fc_niji 高山さん! 鳴尾浜にいる場合じゃない。 今すぐ甲子園へゴー(笑)


続きを読む