阪神・藤浪、今季ワースト6失点で2年ぶり勝利ならず「チームに申し訳ない」

とらほー速報
1


 (セ・リーグ、阪神-広島9回戦、14日、京セラ)

 2年ぶりの勝利を目指して先発登板した阪神・藤浪晋太郎投手(26)は6回8安打、今季ワーストの6失点で白星を逃した。

 一回に先頭の西川と羽月の連打でピンチを招くと、1死一、三塁から鈴木と松山の連続適時打で3失点。0-4の六回は2死二塁で田中広を申告敬遠後、投手の森下に左翼線への2点二塁打を浴びて痛恨の追加点を許した。

 今季4度目の先発。2018年9月29日の中日戦(ナゴヤドーム)以来となる白星は、またもお預けとなった。

 ◆阪神・藤浪晋太郎投手 「初回に大事に入りすぎたところを打たれてしまい、出ばなをくじかれてバタバタしてしまいました。自分のピッチングを取り戻す前に降板してしまい、チームに申し訳ないです」




阪神・藤浪「バタバタしてしまった」「申し訳ない」6回6失点で初勝利ならず #hanshin #hanshintigers #npb #藤浪晋太郎 https://news.yahoo.co.jp/articles/11dd7933f04d48846e0ecffd01caf3c16f75e48f 



藤浪、6失点したけど援護0て、、、 阪神の野手は藤浪が嫌いなんか?


続きを読む