桧山進次郎氏が語る「藤川球児全盛期の9回の守り」

とらほー速報
1


阪神藤川球児投手(40)が今季限りで現役引退することが31日、明らかになった。阪神球団が同日、発表した。

     ◇   ◇   ◇ 

体調を戻してまだ投げられると思っていたので、驚きました。思うようなボールが投げられない歯がゆさがあったのだと思う。また1人、ともにプレーした選手が辞めるのは寂しい。

若手の頃、神宮外苑での練習で、球児が投球練習していた。「打席に立ってやるわ」とピッチングを見た。低めにきたボールが落ちないのが印象的だった。カーブは上にポンと上がって、落ちてくる。真っすぐが速くなったらいいのに、と思っていたら、その後、球速が増した。研究もしただろう。あの変化していく姿は、ファームの選手に勇気を与えた部分がある。

全盛期は、9回の守りは「いらんやろ」と思わせるほどだった。右打者がライトに打球を飛ばしても、頭上を越すことは絶対にない。かなり浅めに守っていた。いろんな経験をしたし、今後に生かしてもらえたら。とにかくお疲れさまでした。(日刊スポーツ評論家)




桧山進次郎氏が語る「藤川球児全盛期の9回の守り」 プロ野球 :日刊スポーツ >真っすぐが速くなったらいいのに、と思っていたら、その後、球速が増した。研究もしただろう。あの変化していく姿は、ファームの選手に勇気を与えた部分がある。 この姿…継がれて行くといいな。  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202008310000903.html 



阪神でいうと桧山、藤川、矢野。 巨人でいうと由伸、慎之助、上原。 幼い頃に好きだった選手がみんなやめることになる。 そのうち二人はもう監督すらやっちゃってるという…(笑)  https://twitter.com/Rui_Sakamoto_6/status/1300348625936031745 


続きを読む