阪神 主将の糸原が41日ぶり実戦復帰 2打席目に早速ヒット放つ

とらほー速報
itohara


 ◇ウエスタン・リーグ 阪神―広島(2020年9月1日)

 阪神・糸原健斗内野手(27)が右手有鉤(ゆうこう)骨の骨折から7月22日の広島戦以来、41日ぶりの実戦出場を果たした。「2番・二塁」で先発し、初回はメナから四球を選んで出塁。二塁まで進塁した後、福留の右前打で先制のホームを踏んだ。3回の2打席目には1ボールからメナのスライダーを一、二塁間にはじき返して右前打。復帰後初安打とした。

 守備でも4回に宇草の二ゴロ、高橋大の一、二塁間へのハーフライナーをランニングキャッチするなど、4回終了まで無難にこなしている。




実戦復帰の糸原、2打席目でヒット!!! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース https://t.co/VhZAaC4IWh



@toratele 我らがキャプテンが帰ってきた!!!



@toratele 早く一軍来て欲しい!けど調整不足は良くない、けど早く一軍来て欲しい😩


続きを読む