阪神・サンズの適時二塁打で先制 一走・木浪が激走

とらほー速報
sanz


 「阪神-ヤクルト」(1日、甲子園球場)

 阪神がジェリー・サンズ外野手の適時二塁打で先制した。

 四回、先頭の木浪が中前打で出塁。続く陽川は中飛に倒れたが、4番のバットが快音を響かせた。打席に立ったサンズ。カウント1-1から左腕・石川が投じた内角への129キロカットボールを捉えた。打球は三塁線を破り、外野フェンスまで到達。その間に一走・木浪が一気に先制のホームを踏んだ。

 この試合前までリーグトップの得点圏打率・488を誇っている助っ人。得点圏でなくても、勝負強さを発揮した。




サンズが痛烈な当たりを飛ばしタイガース先制!木浪も好走塁! #hanshin #虎テレ #阪神タイガース https://t.co/a3rOYVIBAM



@TigersDreamlink サンズは神



@TigersDreamlink 木浪最高や


続きを読む