阪神・ドラ1西純矢が8月9日以来の登板 2軍戦で1回1安打無失点

とらほー速報
1


 「ウエスタン、阪神-広島」(3日、鳴尾浜)

 阪神のドラフト1位・西純矢(創志学園)が8月9日・広島戦(由宇)以来、約1カ月ぶりに実戦登板した。1回1安打無失点。投じた球は10球で全て直球を投げ込んだ。

 この日は、先発ではなく五回から4番手でマウンドに上がった。先頭・高橋大の初球にこの日、最速となる149キロを計測。2球目の146キロ外角真っすぐで遊ゴロに打ち取った。

 続く正随には147キロの内角速球を捉えられ左前打を許した。ただ、7番・中村奨を初球142キロ直球で右飛。最後は8番・韮沢も初球の140キロ真っすぐで左飛に斬った。

 登板間隔は空いたが、それまでの期間で安藤2軍育成コーチと理想のフォームを追い求め練習に励んでいた。少し、抜け球はあったが、打者を押し込む直球も見られ練習の成果があったようだ。




阪神はウエスタン・リーグ広島戦(鳴尾浜)に終盤の追い上げ届かず、3―5で敗戦。福留がDHで4打席出場。ルーキー西純矢が5回から1イニング登板し、打者4人に1安打無失点。 #hanshin #tigers #阪神タイガース #阪神 #carp pic.twitter.com/zBpyjTZoex



もう少し使ってやれば? 阪神・ドラ1西純矢が8月9日以来の登板 2軍戦で1回1安打無失点  http://a.msn.com/02/ja-jp/BB18EZNi?ocid=st2 


続きを読む