阪神4カード連続で勝ち越し 岩崎がプロ7年目で初セーブ

とらほー速報
1


 ◇セ・リーグ 阪神4―3ヤクルト(2020年9月3日 甲子園)

 阪神がヤクルトを4―3で下し、4カード連続で勝ち越した。最後は岩崎が、プロ初セーブで締めた。

 初回に木浪、大山の適時打で2点を先制し、逆転された直後の7回には1点を追う二、三塁からヤクルトの3番手・マクガフが一塁へけん制を投げ、ボークと送球失策となり、逆転した。

 9回には守護神スアレスではなく、左腕・岩崎が登板。一、二塁のピンチを背負いながらも、最後は山崎を二ゴロに打ち取り、試合をしめた。プロ7年目にして初めてのセーブを記録した。




たなぼたとらほー!!🐯 岩崎さんプロ初セーブおめでとう 岩貞、ガンケルナイスピッチング ラッキーな逆転でも勝ちは勝ちこれが タイガースの運です。 明日から勝たないといけない読売戦 球児の為にも必ず勝ち越そう https://t.co/IlJADDzT4L



岩崎すごいよなー、去年あんだけ投げて、調整して帰ってきて、今日初セーブできるまで戻してきたんだもんなあ。そりゃ信頼して使いすぎたりもするわなあ(苦笑 いやはや、ホントあっぱれな勝ちローテですね。



とーーーらほーーーー!!!! 😺😺😺😺😺😺😺😺😺 岩崎投手初セーブおめでとう🎊㊗🎉🎉🎉


続きを読む