阪神ラッキー!珍プレーで逆転 4カード連続勝ち越し&矢野監督通算100勝

とらほー速報
1


 「阪神4-3ヤクルト」(3日、甲子園球場)

 まさかの珍プレーが、逆転勝利へとつながった。阪神が4カード連続勝ち越し。19年から就任した矢野監督は通算100勝を達成した。

 “珍場面”は1点を追う七回2死一、三塁。打席には近本。一走・陽川が二盗し、二、三塁となった直後だった。マクガフがなぜか一塁へけん制。走者もおらず、一塁手・坂口も当然ベースにはつかない。誰もいない一塁ベース上を通過したボールはファウルゾーンへ転々。三走、二走が一気に本塁に生還した。ラッキーセブンに奇跡が起きた。

 直前に勝ち越しを許していた。同点の七回。先発の青柳が塩見、坂口に連打を浴び無死二、三塁のピンチを作った。西田、高橋を打ちとり2死を取った所で能見にバトンを託した。その初球、山崎の打球はワンバウンドしてマウンド上の能見を直撃。体で止めたが、ボールを握り損ない送球できず、三塁走者の生還を許した。

 何らかの箇所を痛めたかその場で左膝を真っ直ぐに伸ばし、動けなくなった。1球で交代となり。継いで岩貞が後続を断った。その後、逆転劇が生まれただけに、岩貞の“奮投”も大きな意味があった。

 前夜は延長十回を戦い抜いた末の敗戦と悔しい結果に終わったが、13連戦の1カード目で大きな勝ち越しとなった。




阪神 4 - 3 ヤクルト [勝] 岩貞5勝2敗0S [S] 岩崎2勝2敗1S  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20200903.html  pic.twitter.com/MPdEKuoF0j



@TigersDreamlink 勝てれば何でもええんや!



@TigersDreamlink 有り得んミスでもらった勝ち。 もうけ😄


続きを読む