阪神・岩崎優 プロ初セーブで藤川球児の凄み痛感「ここでは言い表せないぐらいのものが」

とらほー速報
1


 ◇セ・リーグ 阪神4―3ヤクルト(2020年9月3日 甲子園)

 阪神の岩崎優投手(29)が7年目でプロ初セーブをマークした。

 休養の守護神・スアレスに替わって1点リードの9回に登板。先頭の坂口に左前打を浴びるなど2死一、二塁のピンチを背負ったが、最後は山崎を二ゴロに打ち取って試合を締めくくった。

 お立ち台では普段はクールな左腕が「本音」を吐露。「普段あまり緊張しないんですけど、今日は久々に緊張しました。普段と同じように、8回表だと思って投げようとしたんですけど、9回でした」と苦笑いを浮かべた。同時に長年、そのポジションを担ってきた藤川の凄みも痛感したといい「ここでは言い表せないぐらいのものがある」と初めて手にしたセーブの重みを噛みしめた。




阪神・岩崎 プロ初セーブで藤川の凄み痛感「ここでは言い表せないぐらいのものが」(スポニチアネックス) このすぐるちゃ、めちゃくちゃ可愛い!  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200903-00000236-spnannex-base 



岩崎の口から、優勝の時のマウンドには藤川がいて未来のために頑張るって泣けてきた😭 pic.twitter.com/XHrQzV5lqG


続きを読む