阪神逃げ切り!西勇輝が巨人戦初勝利 大山&サンズが一発

とらほー速報
1


 「阪神5-4巨人」(4日、甲子園球場)

 阪神が大事な巨人との4連戦初戦を制した。今季初の貯金「3」とし、首位・巨人とのゲーム差を「6・5」に縮めた。

 今季2戦2敗と苦手にしていた巨人・戸郷を攻略した。打線は二回、大山が先頭から、左翼席に今季の自身巨人戦初アーチとなる14号ソロを放って先制。なおも1死一、三塁からは、西勇がセーフティースクイズを成功させて2点目を奪った。

 さらに六回には、糸井の二塁打と代走・江越の三盗で無死三塁となった場面で、サンズがバックスクリーンへの15号2ランを放った。なおも1死一、二塁からは、小幡竜平内野手が左翼への適時打で5点目を追加し、巨人を突き放した。

 投げては、2点目をもたらした先発の西勇が、7回2/3を7安打4失点で5勝目。2番手のスアレスが、八回2死一塁から今季初のイニングまたぎの登板で、リードを守り切った。西はオリックス時代を含め、自身巨人戦11試合目にして初勝利をあげる結果となった。




阪神5 - 4巨人 [勝]西勇5勝3敗0S[S]スアレス1勝0敗13S [ホームラン]大山ソロ14号、サンズ ツーラン15号  http://score.hanshintigers.jp/game/score/table/table20200904.html  pic.twitter.com/CNJOXG8kJV



@TigersDreamlink サンズ(神)



@TigersDreamlink おばたかわいい。(笑)


続きを読む