阪神大山14号「入ってくれ、と思って走っていた」巨人戦0行進止めた

とらほー速報
1


<阪神5-4巨人>◇4日◇甲子園

大山の1発がG倒への号砲だった。両軍無得点の2回。先頭打者で巨人戸郷の外角高めスライダーを捉えた。「入ってくれ、と思って走っていた」。打球は風に乗って左翼スタンドへ。宿敵からの29イニングぶりの得点は、背番号3から生まれた。

前回は8月18~20日に東京ドームで対戦し、57年ぶりに巨人の本拠地で3連戦3完封負けの屈辱を味わった。大山にとって「伝統の一戦」今季初アーチで、巨人戦での0行進に終止符を打った。これで勢いに乗って2回は西勇のスクイズで加点し、6回はサンズの2ラン、小幡の適時打プラス大山の激走生還で3点を奪った。今季2戦で2勝を稼がれ、1点しか奪えていなかった戸郷を攻略した。矢野監督も「悠輔のホームランという形でリズムはできました」と納得顔だ。

大山は19年に並ぶ自己最多のシーズン14本目。「自分超え」に王手をかけたが「ホームランがすべてではない」と語ったことがある。「どういう形で打てたか、どういうスイングができたか。なんで打てたのか…。そういうことのほうがよっぽど大事」。今春キャンプから、練習試合や紅白戦、ケース打撃後さえも自分の打席を映像で見返してきた。打席で実際に感じたスイングと、外から見てみるスイングは一致しているのか。時には現代らしからぬ、動きを止めた写真を見つめて自己分析したこともあった。

結果がすべてではない。過程を大事にするからこそアーチは生まれる。「これで満足しているようでは…まだまだです。やっぱりレベルアップしていきたいのはずっと思っている。1本でも多く打つことを目標にしています」。飽くなき探求心の結晶が表れている。

チームは今季18度目、巨人戦に限ると19年8月31日(甲子園)以来約1年ぶりの2桁安打を放った。首位との差を詰めるチャンスの4連戦。まずは1点差で逃げ切り、初戦を勝った。大山は言う。「120試合の全部が大切。その中で勝ちもあれば負けもある。1試合1試合勝ちを積み重ねていくというところで、この1試合」。そのバットで逆転優勝の望みをつなげていく。【只松憲】




大山昨年は不調時期に入ると長打もまるっきり止まってたけど、 今年はホームランは定期的に稼いでるし、そこは素晴らしいな



去年144試合阪神で一番ホームラン打っていたのは大山の14本 63試合で大山14本、サンズ15本 素晴らしい👏


続きを読む