阪神・高橋遥人は6回3失点で降板 味方の拙守に泣き自責点は1

とらほー速報
1


 「阪神-巨人」(7日、甲子園球場)

 阪神先発・高橋遥人投手(24)が6回9安打3失点(自責1)。今季の対巨人戦は2試合で1勝1敗、防御率0・64と“巨人キラー”だった左腕。ただ、味方の拙守に足を引っ張られ悔しい投球となった。

 初回、二回と危なげない投球。ただ、下位打線から始まる三回に連続安打と犠打で1死二、三塁とすると坂本には四球を与え満塁とする。

 続く松原は浅い中飛に打ち取り2アウト。三走・大城はタッチアップの構えだけを見せたが、中堅・近本は本塁へ送球。この送球が捕手の頭上をはるかに越える悪送球となり三走・大城が生還。まさかの形で先制点を許した。

 さらに四回は先頭・岡本の遊ゴロを木浪が後ろにはじき失策。1死から中島に二塁打を浴び二、三塁とした。7番・大城はこれまた定位置より浅めの中飛で抑え2アウト。ただここで三走・岡本が本塁へ突入する。近本の本塁への送球は力のない3バウンド送球となり2点目を献上した。

 五回は先頭・坂本が内野安打で出塁。1死からウィーラーに中前打を許し一、二塁。4番・岡本に低めの変化球をうまく運ばれ左中間に適時二塁打を打たれ3点目を与えた。

 さらに丸を四球で歩かせ満塁。6番・中島は高橋を強襲する鋭い投ゴロだったが、体で止めて素早く打球を拾い上げ本塁送球。併殺を完成させ、大量失点は阻止した。

 六回も無死から連続安打を浴びピンチは招いたが、粘りの投球で無失点に抑えた。その裏に打席が回り代打を送られ降板となった。

 今季初めて、通算でも3度目となった中5日での登板。過去2回の登板では1度も勝ち星が付かなかった。この日は、なんとか踏ん張りゲームは作ったが、打線は六回を終え無得点。あとは終盤の逆転をベンチで願うことしかできない。





遥人結果6回3失点。守備に引っ張られた所もあるし、ジャイアンツ側もかなり対策を立ててきていた感はあった。#阪神タイガース #hanshin



遥人さん中5日、なんだかんだQS、不調ながらピンチを凌ぎ続けた(自責点1)のに、失策2つで3失点はガチで可哀想


続きを読む