阪神・近本 痛恨の悪送球を猛省「本当にやってはいけないミス」

とらほー速報
1


 「阪神2-3巨人」(7日、甲子園球場)

 阪神・近本が失策を猛省した。0-0の三回1死一、二塁から松原の浅い飛球を捕球するとホームへ悪送球。三走・大城はスタートの構えこそ見せたが、捕球したのを見るとすぐ三塁に戻っていた。

 近本は「大事な試合で、自分のミスで失点してしまい、本当にやってはいけないミスをしてしまいました。あのプレーでチームが負けてしまったということをしっかり受け止めて、同じことを繰り返さないように、しっかりやっていきます」とコメントした。




近本の悪送球で流れがガラッと変わった感はあるけど単純に実力差が順位表や勝率にでとるじゃない!





続きを読む