虎は打撃偏重でなく守備から固めるべき/真弓明信

とらほー速報
1


<阪神2-3巨人>◇7日◇甲子園

シーズン50試合以上を残す状況で、落とせない試合というのは酷な話だが、負けられない状況であるならば、やはり守備から固めていかなければならないだろう。特に高橋が投げる試合はロースコアの接戦が多い。この日は力の差が出る展開ではなかった。1、2点目の守備のミスがいかに大きかったか、ということだ。

3、4回の失点はいずれも浅い中飛で、近本の本塁送球が乱れた。決して守備の下手な選手ではない。ただこういうミスが出る場合は、カットに入る選手を見ていないことがある。内外野の連係がうまくいっていないのではないか。通常はキャンプで連係の練習をこなしてから、シーズンに入る。しかし今季は自粛期間もあり、連係プレーはあまりできなかったはずだ。しかしシーズン中でも試合前に守備練習はあるのだから、連係が不十分ならやらないといけない。遠投に取り組むなど準備できることはある。

ここ数年、阪神は打てないことへの意識が強くなり過ぎ、先発オーダーは打てる選手から並べ、ポジションは後付けになる傾向がある。この日も3番陽川が不慣れな右翼に就いていた。こういう起用が続けば、「打てないと試合に出られない」と選手の間に、打撃偏重の考えが浸透する。リーグワースト失策は、練習量よりも意識によるところが大きい、と考える。

首位巨人に連敗し、8・5ゲーム差に開いたことで、難しい状況になった。今年はCSがなく、下位のチームはそのうち、来季のことを考え始める。これだけ首位と差が開けば、自チームの勝利だけで差を縮めるのは難しい。しかし消化試合も増えてくるので、いわゆる「巨人包囲網」というものは期待できなくなる。残り2、30試合でペナントレースの行方は決まってくるだろう。この敗戦は痛い、というしかない。

ただこの日の巨人の戦いぶりを見ても分かるが、走塁面など細かい部分でスキはある。ペナントレースを諦めるには早い。守備への意識を高め、地道に白星を重ねるしかない。(日刊スポーツ評論家)




阪神は張り合いがないからつまらない。 守備から鍛え直してこい



守備重視での起用はありだけど阪神の傾向としてエラーや技術を評価して守備範囲が悪化したベテランを居座らせるのが目に見えているので打撃重視の方がマシ


続きを読む