打席から足が…阪神、矢野監督の抗議も実らずに追加点許す

とらほー速報
1


 (セ・リーグ、DeNA-阪神、14回戦、9日、横浜)阪神は1-2の五回に、先発の青柳が2点を失ってリードを広げられた。無死二塁で、神里が捕手前へのバントで内野安打。矢野監督はベンチを出て、柳田球審の元に向かった。バントの瞬間に神里の左足が打席から完全に出ていたようにもみえた。この場合、打者はアウト。確認を行ったとみられるが、認められずに無死一、三塁のピンチを迎えた。ソトの空振り三振の後、佐野に右中間への2点二塁打を浴びた。







@kyakyarottoyade @hanshintigersjp なんのための審判だよw


続きを読む