阪神・齋藤友貴哉投手、10日DeNA戦でプロ初先発、509日ぶり登板「相手打者に向かっていく」

とらほー速報
1


 阪神・斎藤友貴哉投手(25)が9日、プロ初先発する10日・DeNA戦(横浜)でプロ初勝利を誓った。

 1軍での登板は、19年4月19日・巨人戦(甲子園)以来509日ぶり2度目。「持ち味である相手打者に向かっていく姿勢を前面に出していきたいです」。2軍では先発転向後、13イニング連続無失点。結果を自信に変えて強力打線に挑む。

 桐蔭横浜大時代から慣れ親しんだマウンドで先発デビューとなる。「久しぶりの横浜スタジアムでの登板になるので楽しんで投げたいと思います」。この日は同球場でダッシュなど軽めの練習。リラックスした表情で最終調整を終えた。

 奥さんや子どもからは「頑張って」と背中を押されたという。待ちに待った舞台で家族、チームの期待に応える。




9月10日17:45より横浜スタジアムにて横浜DeNAベイスターズ戦!予告先発はタイガースが齋藤友貴哉投手!ベイスターズはM.ピープルズ投手です。直近のファーム戦13イニング連続無失点という好成績を自信に変え、プロ初先発初勝利を目指します! #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル pic.twitter.com/vYVYQOBX8L



@TigersDreamlink これは楽しみ



@TigersDreamlink 友貴哉がんばれ~


続きを読む