阪神・ガンケルが6回にまさかの3失点

とらほー速報
1


 ◇セ・リーグ 阪神―DeNA(2020年9月10日 横浜)

 阪神は6―4で迎えた6回に逆転を許した。4番手・ガンケルが無死一、二塁から梶谷に左越え適時二塁打を許して1点を返されると、神里を投ゴロに抑えた後、1死二、三塁からソトに初球のツーシームを中前に運ばれる2点打で試合をひっくり返された。

 この日は2番手・能見が2者連続弾を浴びるなど、1/3回を2失点。3番手の馬場は1回2/3を無失点に抑えたが、ガンケルが3失点と救援陣に疲れの色が見え始めている。




リリーフになって18試合で3失点のガンケルがここで3失点とは誤算だな 矢野がーとか福原がーとか継投ミスだとか言う人多分いると思うけど、それはない まぁ、相手の打線も調子良いけどこっちも悪いわけではないし、逆転してくれると信じるしかない



もう今日はそういう日なんだな。 シーソーゲームと言えば聞こえはいいがgdgd ピープルズ打てば斎藤が崩れ能見さんが打たれたら山崎がイマイチ、ガンケルが乱調ならサンズがかっとばす。 総じて言えるのは皆球高くない?って事ぐらいw


続きを読む