栗山監督が信じた中田250号「1000本見たい」

ファイターズ王国@日ハムまとめブログ
転載元:https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1599747611/
https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1599728435/

202009100001068-w1300_0

2: 風吹けば名無し 2020/09/10(木) 23:20:27.78 ID:Cl7iu6p+0
栗山監督が信じた中田250号「1000本見たい」

中田の願いは、幕張の風が成就させてくれた。「行ってくれ…」。初回1死二塁。143キロの外角直球を素直にバットに乗せた。高く舞い上がった打球は、左翼からグラウンド方向へ吹くZOZOマリン特有の強風にも乗った。「昨日は風にやられ、今日は風に助けられました」と右中間のホームランラグーン席へ飛び込む24号2ラン。前夜、引っ張った打球は押し戻されたが、自然体で流した打球は通算250本塁打のメモリアルアーチとなった。

史上64人目の偉業も、中田は自然体で受け流した。

中田 いやいや、これからどんどん(達成者が)出てくると思うし。250本でね、満足できる本数では、当たり前ですけど、ないですし。もっともっと上を目指して。通過点だと思っているので。

12年の監督就任以来、4番として起用し続けた栗山監督に、中田は223本目のアーチを届けた。「打てない自分も監督が使ってくれた。そこからの250本。感謝したい」と指揮官への思いも明かした。

栗山監督はうれしさを心に秘めて、あえて厳しいノルマを課した。

栗山監督 250号も本当に大変だと思うけど、もっともっとペース加速して、ホームランを増やせるバッターなので。1000本くらい、見たい。

大きな数字に乗せた思いは、中田の力を信じ続けてきたからこそ。今季から“レベチ”に覚醒した中田なら、夢物語もかなえるかもしれない。
https://news.yahoo.co.jp/articles/f111d6905a92a14e208360c5cf0fb70c481027bf

1: 風吹けば名無し 2020/09/10(木) 23:20:11.27 ID:Cl7iu6p+0
0
0
9
18
24
28
27
30
25
16
25
24
24

計13年 250本

続きを読む