打線改造の阪神が先制 2番梅野が好機拡大 4番サンズが適時打

とらほー速報
1


 「阪神-広島」(11日、甲子園球場)

 打線を改造した阪神がいきなり先制点を奪った。まずは初回先頭の近本が広島先発・床田を強襲する安打で出塁する。

 無死一塁で打席に入ったのは阪神では2002年6月28日・横浜戦(大阪ドーム)の矢野輝弘以来となる捕手で2番に入った梅野。4球目のスライダーを捉えた打球は三遊間を抜ける左前打となった。

 そして、プロ入り2度目となる3番抜てきの糸原がバントで送って1死二、三塁の先制機うぃお膳立て。ここで得点圏打率・440を誇るサンズが打席へ。フルカウントから6球目の直球を逆方向へはじき返し、右前適時打であっさりと1点を先制した。

 前夜の試合後に矢野監督は「何とかランナーを置いてジェリー(サンズ)に回すというのが今、野手としてやること」と発言。出塁率が高く、昨季は床田と相性の良かった梅野を2番に置き、さらに3番・糸原としたことで、いきなり頼れる4番の前に走者を置き、狙い通りに得点した。

 なお、続く大山は三塁併殺打に終わり、この回の得点は1点だった。




【一軍】阪神1-0広島 1回裏 新打線がいきなり機能!おおきに、サンちゃん! 投手:床田 打者:サンズ 結果:ライト前先制タイムリーヒット! 【公式モバイルサイトで実況速報中!】  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル



@hanshintigersjp サンズー



@hanshintigersjp サンズ様いつもありがとうございます😊 pic.twitter.com/6hknPtlBtI


続きを読む