阪神・矢野監督「もっともっと打てるバッター」決勝弾の大山を鼓舞

とらほー速報
1


 「阪神3-1広島」(12日、甲子園球場)

 阪神が3連勝。初回、大山悠輔内野手のチームトップタイとなる18号3ランが決勝打。先発の秋山拓巳投手が登板5連勝で5勝目を手にした。

 4番サンズが凡退した直後のチャンスで、5番大山の価値ある一発。矢野監督は「初回の一番いい場面で、ホームランという形で打ってくれた」と評価した。

 サンズ同様、5番大山にも勝負強さが備われば相手には脅威となる。「本当に悠輔にはああいう場面で打つバッター、そしてもっともっと打てるバッターだと思うので、これからもランナーを置いた時にこそね、返せるというバッティングをしてもらいたいです」と期待した。




バックスクリーン横に飛び込む1発でした。 #大山悠輔 選手が先制の3ラン。今季18号は本塁打王争いも視野に入る本数ですが、矢野監督は「もっと、もっと打てるバッター」。期待値が高いからこそ、叱咤激励の言葉も出てきます。#tigers  https://mainichi.jp/articles/20200912/k00/00m/050/276000c 


続きを読む