阪神糸井10年ぶり7番先発、マルチ安打で気を吐く

とらほー速報
1


<阪神7-6広島>◇13日◇甲子園

阪神糸井嘉男外野手が10年ぶりの7番先発で気を吐いた。

3回、勝ち越した直後の1死一、三塁。詰まった飛球は左翼線に落ちる加点適時打になった。5回は左中間二塁打でマルチ安打。7番は阪神加入後初で、日本ハム時代の10年4月4日西武戦(札幌ドーム)以来3815日ぶりだった。

矢野監督は「そこを打つ違和感はあるだろうけど、そんなことを言ってやる気持ちは持っていないと思う。目の前の試合、打席に精いっぱいいってくれている」と話した。




へぇ~、糸井さんは10年ぶりの7番なのね。#阪神タイガース #hanshin



糸井さん10年ぶりに7番やって #阪神タイガース


続きを読む