阪神桑原が初登板で好救援「抑えることができて良かった。少しは期待に応えられたかなと思います」

とらほー速報
1


<阪神7-6広島>◇13日◇甲子園

右肘の不調で2軍調整が続いていた阪神桑原謙太朗投手が、今季初登板で好救援した。

1点ビハインドの6回1死一塁で3番堂林からの中軸を迎えた場面で登場。堂林を三邪飛に仕留めると、2死二塁で鈴木誠を外角低めのスライダーで空振り三振に斬った。「久しぶりの登板でしたが、ランナーのいる場面で使っていただき、抑えることができて良かった。少しは期待に応えられたかなと思います」。1軍マウンドは昨年4月19日の巨人戦(甲子園)以来513日ぶり。セットアッパーとして17年に67試合、18年に62試合登板したが昨年は7試合止まり。リリーフ事情が苦しい中、頼もしい右腕が帰ってきた。




阪神桑原が初登板で好救援「期待に応えられたかな」  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202009130000968.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp  帰って来たね。頼もしい我らが桑原謙太朗様が😁🐯 伝家の宝刀スライダーも健在だ😄🐯



桑原さん帰ってきたんほんま嬉しい、、 今でさえしっかりした勝ちパターンを要する阪神に、頼もしい男が帰ってきた。 あとはほんまに島本守屋はよ、、


続きを読む