阪神桑原も巨人打線を止められず 1回3安打2失点

とらほー速報
1


<巨人7-6阪神>◇16日◇東京ドーム

阪神2番手の桑原謙太朗投手も巨人打線を止められず、5回に一挙5点を失った。

先発青柳が3点目を失った5回無死一、二塁でリリーフ。だが田中俊に左前適時打を浴び4点目を失うと、なおも無死一、二塁から立岡に初球の144キロ直球を右翼スタンドへ運ばれた。

右肘の不調から再起し、513日ぶりに登板した13日広島戦(甲子園)は、2/3回を無安打無失点に抑えたが、この日は1回3安打2失点。防御率は10・80となった。




まぁ、相変わらずと言う他はない。 桑原は巨人の守護神かぁ。 青柳の代え時も遅い。4回裏、1死満塁ですでに交代だ。但し、桑原ではない投手にだ。 前にも言ったが、阪神は打線とは言わない。点線だ。 巨人は、ちゃんと打線になっているがゆえに点に結び付く。 #阪神タイガース #矢野監督



今年の阪神の弱さは島本&PJの穴が埋まらず、ピンチの時に代わったピッチャーが大体打たれてる事 だから監督も変に先発引っ張るし、先発も変に力んで崩れがち 桑原に何とか救世主になって欲しいけど…  https://twitter.com/hEFnK2FqEoHGkJj/status/1306209120396009472 


続きを読む