阪神・ガルシア先制の援護を受けるも、すぐさま失点 四球絡みで勝ち越し許す

とらほー速報
1


 「中日-阪神」(18日、ナゴヤドーム)

 阪神先発のオネルキ・ガルシア投手が、先制点の援護を受けるも、制球が乱れて2イニング連続の失点で勝ち越しを許した。

 1点の援護を受けた初回。簡単に2死としたが、アルモンテに四球を与えると、続くビシエドに右前打を許して一、二塁のピンチを招いた。5番・大島には中前適時打を浴びて同点。あっさりと試合を振り出しに戻された。

 さらに同点の二回も制球に苦しんだ。安打と四球で1死一、二塁。迎えた1番・大島にはフルカウントから投じたチェンジアップを右翼へはじき返された。勝ち越しを許す適時打。なおも、1死一、三塁としたが、後続は抑えて最少失点で防いだ。




【一軍】阪神1-2中日 2回裏 勝ち越しされる 投手:ガルシア 打者:大島 結果:ライトタイムリーヒット 【公式モバイルサイトで実況速報中!】  http://hanshintigers.jp  #hanshin #tigers #阪神タイガース #Its勝笑Timeオレがヤル



@hanshintigersjp ガルシアあかんな



@hanshintigersjp もうエエって


続きを読む