阪神・能見、痛恨被弾 荒木にバスターで運ばれる コロナショックで緊急合流も 

とらほー速報
1


 「ヤクルト-阪神」(25日、神宮球場)

 阪神の能見篤史投手が1点差の七回、代打・荒木に2ランを浴びた。コロナショックによる大量入れ替えで、2軍遠征先の名古屋から急きょ、1軍に合流したベテラン左腕。チームの窮地で流れを止めることができなかった。

 この回、西勇に代わって1点差の場面で登板。先頭の西田にフルカウントから、詰まらせながらも遊撃後方にポトリと落ちた。続く代打・荒木との対戦。初球、バントの構えを見せた打者に対して2球目、143キロの直球が高めに浮いた。バントの構えからバットを引き、バスターの形でフルスイング。された打球は左翼スタンドに一直線に飛び込んだ。

 9月10日のDeNA戦(横浜)以来、約2週間ぶりの1軍マウンド。緊急登板で不運な形で失点を喫した。




流石に能見のいい頃知ってると、この球の軽さに涙が出るな…。 しかも荒木のバスターからってのが、もう限界って事を教えてくれる…。  https://twitter.com/nichiyakyu/status/1309455795310927872 



バスターでホームランとか能見相当球威がない


続きを読む