大谷翔平「二刀流」に懸念。 地元記者「投手と打者、どちらも平凡に」

ファイターズ王国@日ハムまとめブログ
no title

1: 名無しさん 2020/10/04(日) 13:13:12.16 ID:CAP_USER9
 新型コロナウイルスの影響で全60試合に短縮されたメジャーリーグも、現地時間9月27日をもってレギュラーシーズンが終わり、プレーオフが行なわれている。異例のシーズンを過ごした選手たちの中には、大躍進を遂げた者もいれば、そうならなかった者もいる。

「もちろん、いい年ではなかったです」

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平は、シーズン最終戦後の会見で悔しさを露わにした。

 大谷は2年ぶりとなる"二刀流"で今季に臨んだが、先発登板2試合目に右ヒジ付近を痛めて投手を断念。以降は再び打者一本でシーズンを過ごした。

 シーズン終盤の米メディアからの質問には「打者で貢献したい気持ちは強い」と答えたが、今までにないほどの不調に陥った。44試合に出場して、打率.190、7本塁打、24打点。その原因を探るため、著者は米メディアの証言を集めた。

 地元紙『オレンジ・カウンティ・レジスター』のジェフ・フレッチャー記者は、「ソーシャルディスタンスの一環として、ビデオルームが閉鎖されました。試合中に映像を確認できなかったことは問題のひとつだったでしょう」と述べた。大谷も「できれば(映像を)見たい」と発言しているが、来季も状況が変わらなければ引き続き悩みの種になる。

 スポーツ専門誌『ジ・アスレチック』は、「大谷は『振らない』と決めた時に、左足、または両足を動かすようになった。彼は球がよく見えていないようだ」と報じ、打席内での体勢に注目。さらに地元紙『ロサンゼルス・タイムズ』は「対左投手の際に、体を引く癖が見られる」と指摘した。

 その『ロサンゼルス・タイムズ』の記事を執筆したマイケル・ディジョバンナ記者は、「大谷選手はスイング時に一塁側に体が傾く傾向が出て、及び腰になっているように見えましたね。結果、左投手の外角に落ちる変化球に弱くなりました」と詳細を話した。

10/4(日) 11:20配信 スポルティーバ
https://news.yahoo.co.jp/articles/b779c495335ba983c0d0fe5e44acf1efaffa3a45

続きを読む