阪神・藤浪 1回無安打無失点 変化球中心の組み立てで2奪三振

とらほー速報
1


 「広島-阪神」(6日、マツダスタジアム)

 阪神・藤浪が同点の場面で初めて中継ぎ登板した。1回無安打無失点で2奪三振と完璧な投球を見せた。

 同点の九回に5番手としてマウンドへ。先頭・大盛は153キロ直球で空振り、136キロスライダーでファウル、最後は145キロフォークで空振り三振に斬った。

 続く代打・ピレラは3球全てスライダーを投げ二飛。2番・田中広には138キロスライダーでストライク、147キロフォークで空振り、最後は159キロ直球で空振り三振に仕留めた。

 「青柳さんがゲームを作ってくれましたし、その後チームも踏ん張っていたので0点で抑えることができて良かったです」

 前回登板した4日・巨人戦(甲子園)では1回1/3を3失点。この日は、変化球を中心に組み立て三者凡退に抑えた。




阪神・藤浪、1回無安打無失点 変化球中心の組み立てで2奪三振/阪神タイガース/デイリースポーツ online  https://www.daily.co.jp/tigers/2020/10/06/0013761632.shtml  @Daily_Onlineより >最後は145キロフォークで空振り三振に斬った。 うん…まぁ変化球は変化球…そこいらのストレートより速いけど…



@monokichi8 やはり回跨がなければいけるのでは…??


続きを読む