阪神青柳6回1失点も遠い7勝目、9月以降6戦0勝

とらほー速報
1


<広島4-4阪神>◇6日◇マツダスタジアム

阪神青柳晃洋投手が6回6安打1失点と粘ったが、7勝目は遠かった。「ここ数試合立ち上がりに課題がありましたが、今日は丁寧に投げることが出来ましたし、何とかゲームを作ることが出来ました」。味方の援護なく、同点のままマウンドを降りた。

3回2死一塁、鈴木誠のライナーが青柳の左膝上部付近を直撃。角度の変わった打球はそのまま右翼へ飛び、一塁走者の田中広が生還し先制を許した。不運なアクシデントにも動じず、続投。5回2死一、三塁のピンチでは、2安打の鈴木誠に1度もバットを振らせず、外いっぱいの直球で見逃し三振を奪った。

5回8失点だった9月30日中日戦から中5日。初回から落ち着いた投球を見せ、汚名を返上した。8月まで6勝とチームの勝ち頭だったが、9月以降は6試合で0勝4敗。長らく勝ち星に見放されている。




阪神・青柳 打球直撃に耐え6回1失点 久々勝利ならずも目標2桁星へ意地の107球  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201007-00000049-spnannex-base   ◇セ・リーグ 阪神4-4広島(2020年10月6日 マツダ)  “痛み”にも、ピンチにも耐えて、しっかりと仕事を果たした。阪神・青柳は、6回6安打1失点と粘投… pic.twitter.com/b0HPO5Z9FG


続きを読む