TJ手術を受けた東海大・山崎がプロ志望届提出 未だ投球できずも

ファイターズ王国@日ハムまとめブログ
C8764F8D-72D1-4026-93D8-6C84EE79E021

1: 名無しさん 2020/10/08(木) 07:06:00.51 ID:KOH6Ca5ma
東海大の最速153キロ右腕・山崎伊織投手(4年=明石商)が大安吉日の8日、プロ志望届を提出する。

山崎は、今年3月下旬にトミー・ジョン手術を受けた。復帰までは約1年近くかかるとされ、当初はプロ志望届は提出せず、社会人野球を経てプロを目指すとしていた。手術から7カ月近くたった今もキャッチボールすらできる状態にはなく、走り込みなどのトレーニング中心だというが、安藤強監督(56)は「同級生の小郷が右肘痛から復活し、活躍する姿を間近で見た影響が強いのでは」とドラフト上位候補の小郷賢人投手(4年=関西)の名前を挙げて説明する。大卒の選手が社会人に進んだ場合、2年間はドラフトの指名対象にならない。たとえ育成指名でも、1日でも早くプロに挑戦したいという考えに転じたものとみられる。

山崎は150キロを超える力のある真っすぐに、速さと変化の違うスライダーを武器に、3年時はエースとして活躍。春秋リーグ優勝に貢献した。大学日本代表入りも果たし、完成度の高さから「大学NO・1右腕」と評され、ケガさえなければドラフト1位候補との高評価も受けていた。一転してドラフトに名乗りを上げた山崎は野球人生をかけ、静かにその日を待つ。
https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202010070000761_m.html

2: 名無しさん 2020/10/08(木) 07:06:27.31 ID:4zs3KNDU0
社会人行かないんか

続きを読む