阪神近本が11度目の猛打賞!打率は2割9分3厘

とらほー速報
1


<広島1-9阪神>◇8日◇マツダスタジアム

阪神近本光司外野手がバットと足で打線の爆発を呼び込んだ。まずは1回、先頭打者として野村の5球目、変化球を捉えて左前打。2番北條の先制2ランにつなげた。

5回には武器の俊足が光った。2死走者なしからショート内野安打で出塁。2番北條に対する4球目にスタートを切り、二盗成功。北條の死球後、3番糸井の右前打でホームを踏んだ。盗塁部門でリーグトップを走っており、今季23個目は2アウトからの得点に大きく貢献するものとなった。

6回にはリードが6点に広がり、なおも無死一、二塁の場面で中前にはじき返し、猛攻をつないだ。前日7日まで2試合連続無安打だったが、今季11度目の猛打賞で打率を2割9分3厘とした。




ナイスゲーム‼︎ とらほー🐯 近本猛打賞👏 北條、サンズ、ボーアのホームラン👏 糸井、大山、ボーア、梅野のマルチ安打👏 西、8回の1失点のみ👏#阪神 #阪神タイガース#阪神ファンと繋がりたい pic.twitter.com/2gnlZ2xySP



・サンズボーアお 目 覚 め ・北條久しぶりの1発 ・近本猛打賞&目指せ盗塁王 ・西ジエンゴ&8回12奪三振で9勝目 ・伊藤和雄無失点リリーフ #今日のポジ要素タイガース


続きを読む