阪神 2軍で実戦復帰の江越がいきなりフェンス直撃の適時二塁打 コロナ禍による離脱から一歩踏み出す

とらほー速報
江越2


 ◇ウエスタン・リーグ ソフトバンク―阪神(2020年10月9日 タマスタ筑後)

 この日実戦復帰の江越がいきなり適時打を放った。2点リードの2回2死一塁でこの日2打席目に立つと、1ボールから左腕・古谷の117キロ変化球を完璧に捉えた。もう少しで本塁打という打球は、左翼フェンス上部に直撃。一塁から片山が一気に生還し、タイムリー二塁打となった。

 阪神は東京遠征中の先月25日に、5選手とチームスタッフ2人のコロナウイルス感染を公表。岩崎と小川が保健所から濃厚接触者と認定され、木浪、江越、福留、小林の4選手は球団独自の判定で濃厚接触者扱いとし、都内での隔離を続けていた。6選手は今月4日に帰阪し、5日から自主練習を再開。8日に2軍の全体練習に合流し、木浪と江越がこの日から実戦復帰している。




江越、二軍で打つのわかってるから 少ない打席で一軍のピッチャー打てるようになってくれw



江越早速結果出してるのか これを何故1軍ででできんのやと何回ツイートしたやろうか😅


続きを読む