【東スポ】好調中日がいまさら過ぎるボヤキ「なんでセはCSがないのか」

ドラ速~Dragons速報~
20201009-02261625-tospoweb-000-9-view
1: 風吹けば名無し 2020/10/09(金) 08:11:11.98 ID:tV0gnLRc0
中日の強さが〝本物〟になってきた。昨季まで7年連続Bクラスとあって開幕前の評論家らの順位予想では大半が5、6位だったが、8日現在リーグ3位で、2位・阪神にも2ゲーム差まで迫り、下馬評を覆す善戦ぶり。「6回終了時にリードしていれば27連勝」とのデータが示す勝ちパターンを確立しており、8月6日時点で最大9あった借金も残り1で勝率5割復帰は目前となっている。

 前半こそ苦しんだが、8月、9月と勝ち越して貯金を積み上げ、特に、本拠地ナゴヤドームでは7連勝中。今季ここまでホームは最大8連勝を含む25勝15敗4分けと大きく勝ち越しており、残り26試合のうち16試合がナゴヤドームでのゲームとあってAクラス入りはもちろん、8年ぶりの2位も射程圏だ。

 それだけに球団内ではいまさらながらのため息が漏れている。球団関係者は「パ・リーグは2位までCSがあるのに、セ・リーグはどうして実施しないことにしてしまったのか…。セ・リーグもあれば2位までに入ってCSに出て巨人を叩いて13年ぶりに日本一になるチャンスもあったのに」と悔しがる。セのCSなしは開幕前から分かっていることだが、ここ7年もCSの舞台にすら立てなかった球団だけについ愚痴ってしまうのだ。

 その一方で別の関係者は「セ・リーグは2位では意味がない。今は巨人が独走しているけど、まだ優勝の可能性がゼロになったわけではない。他力とはいえ、ここから巨人が大型連敗をして、ウチが大型連勝すれば、奇跡の逆転優勝だってあるかもしれない。日本一になるためにも、まだリーグ優勝を信じてやるしかない」と超ポジティブ発言を口にする。

 今後の戦い方について与田監督はこれまで何度も「いつも一緒。一つひとつ全力を尽くす。それしかない」と繰り返してきた。とにかく、奇跡の優勝を信じて一つひとつ勝ち星を挙げて行くしかない。
https://news.yahoo.co.jp/articles/278a5925d5c2459c19699a77dc72059e5a3f57a0

続きを読む