奮闘続ける小幡 昨年話した矢野監督の言葉が現実味

とらほー速報
2


<ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

18年ドラフト2位で阪神に入団した小幡が奮闘を続けている。ここまで36試合に出場して21安打をマーク。打率は2割5分ながら、得点圏打率は4割9厘と、勝負強さを発揮している。ドラ1入団の中日根尾、広島小園、オリックス太田と同世代の遊撃手が一躍、注目の存在になった。

7月末に糸原が右手有鉤(ゆうこう)骨を骨折。二塁手が固定されないチーム状況から8月下旬に1軍に初昇格した。さらに9月25日に遊撃レギュラーだった木浪がコロナ禍で離脱。そこから本職である遊撃にポジションを移し、10試合連続スタメン出場中と、激動の日々を過ごしている。

小幡は昨年7月、球宴休みの1軍練習に特別参加していた。そこで矢野監督からこんな言葉を掛けられた。「早く上がって来いよ。3年後に1軍というんじゃなく来年レギュラーを取るつもりでやると、1日の過ごし方も変わってくるから」。その言葉が現実になりつつある。

今年も10月26日にはドラフト会議が行われる。コロナの影響から春夏の甲子園も中止となり、「見えづらい」ドラフトとも言われる。だが、プロのスカウトは全国的には無名でも、キラリと光る逸材を必ずや発掘する。小幡の姿を見ているとそう感じる。【阪神担当=桝井聡】




正直小幡は打率2割いかないと思ってたから、少しずつ適応して必死に頑張って奮闘してる姿に感動する。 まだ慣れてないはずの一軍の守備でも日々失敗しながらも勉強して成長してる姿と定期的に魅せるセンスで感動してる あの〜そこのショート争いしてた木浪さん北條さん聞いてますか? pic.twitter.com/0R4CNIoDn0



阪神・小幡、コロナ禍でチャンス到来! 高卒2年目の世渡り上手な弟分キャラ(夕刊フジ) #Yahooニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/cd3cbc8c1a1540726600bcdda011d569efd81d61  阪神高卒2年目、小幡竜平選手の記事です! 20歳の若虎がプロの世界で奮闘してます!若い選手の活躍は親近感も湧きますね。 これからも目が離せません!


続きを読む