阪神井上2軍打撃2冠浮上、32打点目でトップ並ぶ

とらほー速報
kouta


<ウエスタン・リーグ:ソフトバンク-阪神>◇10日◇タマスタ筑後

阪神ドラフト2位の井上広大外野手(19)が先制タイムリーを放った。

「4番右翼」でスタメン。1回1死二、三塁の好機でソフトバンク二保の外角スライダーを右前に運び、三走の江越が生還した。前日9日はバックスクリーンに特大アーチ。若き4番の勢いは止まらない。

井上はこれで32打点目。リーグトップだった広島林と並んだ。8本塁打も現在リーグ単独トップ。打撃2冠へ浮上した。




⚾️ウエスタン・リーグ⚾️ 阪神 #井上広大 選手のタイムリーで阪神が先制👍 塁上で井上選手の笑顔がひかります✨🆚ソフトバンク vs 阪神  https://elevensports.jp/video/39983 #イレブン・阪神 https://t.co/XuAMSxfxaI



井上広大くん見て浄化しよ


続きを読む