【指揮官一問一答】逆転負けに阪神・矢野監督は「流れがこっちに来るようなゲームにできなかった」

とらほー速報
1


 (セ・リーグ、阪神3-5DeNA、19回戦、DeNA8勝9敗2分け 10日、甲子園)逆転負けを喫した阪神・矢野監督の試合後の報道陣とのやりとりは以下の通り。

 (テレビインタビュー)

 --中盤までは競っていた。どう振り返る

 「攻撃のところでね、取れるときに、やっぱり点を取らないとっていう。守りのミスもありましたし、流れがこっちに来るようなゲームにできなかったですね」

 --一回に3、4番とタイムリー。いい流れに見えたが

 「だからそのあとも得点できてないし、そういうところが、こういう展開になるんじゃないかなと」

 --どういうところを取り組んでいけば改善できそうか

 「うーん、まぁね。練習はみんなしてますし、メンバーも今いないような状況の中で、みんな前向いてやってくれてるんで。練習するしかないです」

 --ガンケルの投球内容については

 「まあ、ガンケルらしく投げているところもありましたし。ソロホームランなんで、責められない部分もあるんですけど、何とかヒットというか打球を上げないようなガンケルの投球をね、そういうところは期待したいですね」

 --先発復帰後最多の107球だった

 「徐々にそういう先発の形にはなってきていると思うんで。3周り目というのは、みんなしんどいんですけど。でもまた頑張ってほしいですね」

 --八回は藤浪を投入

 「登板間隔もあいていますし、今日、明日と試合をしてまた月曜日(試合なし)。そういう意味ではどんどん早めにいきました」

 --結果的に連戦ではなかったが、大幅なメンバー入れ替えもあった中での13連戦だった。11日に向けて

 「まあ、目の前の試合を全力で戦うことしかできないので。全員で繋げて、ピッチャーもバッターも全員でやっていきます」

 (記者囲み)

 --ガンケルはタイプ的に甘くなったときに長打につながりやすいか

 「タイプ的かどうかは分からんけど、ストライクをとれる投手なので、どうしてもゾーンには投げたくなるし、野球の違いというのもあるしね、本来はゴロを打たせる投手だけど、そのあたりの修正が必要というのはあるし、野手が足を引っ張ったところもあるし、1点1点なのでね、打線の援護があれば、そうならないところもあるんだけど。こういう試合で勝とうと思うと粘りきるのは必要かなと思う」

 --先発マスクは坂本。リードでの期待もあったか

 「うん、まあ、全部、総合的に」

 --梅野のコンディションは問題ない

 「万全、100%ではないと思うけど、それが理由で外したわけではない」

 --五回のガンケルの打席は走者が出ていたら代打・高山だった

 「もうね、中継ぎがどうしても苦しいんで。そういうところでは、ランナーなしであれば、(ガンケルを)続投しようかなというところで」

 --ボーアを外し、エドワーズがベンチ入りしたのも同じ理由

 「もちろん、もちろん。ピッチャーがしんどいんで。どうしても、競ったときに(エドワーズが)いないっていうのは、ちょっと苦しいかなという部分はあるんで」




先発マスクは坂本、総合的に。 梅野のコンディションは問題ない 「万全100%ではないと思うけど、それが理由で外したわけではない」 【指揮官一問一答】逆転負けに阪神・矢野監督は「流れがこっちに来るようなゲームにできなかった」(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース  https://news.yahoo.co.jp/articles/716c931011e1514ea8c4328afa6dea6065c8ce31 



【指揮官一問一答】逆転負けに阪神・矢野監督は「流れがこっちに来るようなゲームにできなかった」 -  http://SANSPO.COM (サンスポ) んーーーーーー😩😩😩💦💦  https://www.sanspo.com/baseball/news/20201010/tig20101017450018-n1.html 


続きを読む