阪神高橋遥人4敗「申し訳ない」本調子遠く最短4回降板

とらほー速報
1


<中日4-2阪神>◇13日◇ナゴヤドーム

阪神高橋遥人投手が自己最短タイの4回5安打3失点で降板し、4敗目を喫した。

2点先制した直後の1回裏、先頭大島から連打を浴び、この回に同点に追いつかれた。3回は先頭の京田に四球を出すと、アルモンテの適時二塁打で勝ち越し点を献上。「先制点を取ってもらったにもかかわらず、粘ることができず、早いイニングで降板してしまいチームに申し訳ないです」。前回5日はプロ初完投勝利を挙げたが、この日は130キロ前半の直球もあり、本調子にはほど遠い様子だった。

矢野監督も「アウトの取り方を見ても結構大きなフライとか、ピッチング内容も苦しかった」と話した。




10月13日 中日 4 - 2 阪神 阪 | 2 0 0 | 0 0 0 | 0 0 0 || 2 中 | 2 0 1 | 0 1 0 | 0 0 X || 4 勝: 勝野(4勝4敗) 敗: 高橋(4勝4敗) S: R・マルティネス(19S) HR: 大山(26)



今日は負けはしたけど大山の26号ホームランや藤浪の161キロなど良いところはあった ただ遥人が誤算やったな 今回たまたま調子が悪かっただけなら別にいいんやけど、前回完投した影響でどこか故障したんじゃないかと勘繰ってしまう


続きを読む