阪神・矢野監督 ドラ2・井上昇格のタイミング説明「一番いい投手と当たれば…」

とらほー速報
1


 「中日3-0阪神」(14日、ナゴヤドーム)

 阪神のドラフト2位ルーキー・井上のプロデビュー戦は、3打数無安打2三振。中日の好投手・大野雄の前にプロの洗礼を浴びる格好となった。

 矢野監督は昇格のタイミングについて「一番いいピッチャーと当たれば、それ以降は下がるんだからさ。スタートとしては、あいつにとっていい経験になると思うしね」と説明。デビュー戦で結果は出なかったが、今後へ向けて「チームとして大事にしている全力疾走とか、将来ホームラン王も獲るけど凡打後の走塁もすごいよねとか、そういう部分をしっかり意識できれば。スケールの大きな選手になってくれれば」とうなずいた。

 井上は1997年の浜中以来、23年ぶりとなる高卒1年目野手のスタメン出場。高卒ルーキーの初出場初スタメンは1968年の川藤以来、実に52年ぶりだった。




この考え方好き。2軍でじっくりって人も多いけど、期待値が高く2軍で一定の結果を残したらどんどん上で挑戦させるべき。 阪神・矢野監督 ドラ2・井上昇格のタイミング説明「一番いい投手と当たれば…」(デイリースポーツ) #Yahooニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/b15a0c0efbe4f493ed3f572286b94dff72694c6d 



阪神・矢野監督 ドラ2・井上昇格のタイミング説明「一番いい投手と当たれば…」(デイリースポーツ) #Yahooニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/b15a0c0efbe4f493ed3f572286b94dff72694c6d  今季初めて監督の意見に同意しました😅😅😅


続きを読む