阪神・岩田が四回途中で降板 2番手・岩貞は大島に適時二塁打浴びる

とらほー速報
1


 「中日-阪神」(15日、ナゴヤドーム)

 先発の役割を果たせなかった。阪神の先発・岩田稔投手は3回1/3を5安打2失点。毎回走者を背負う苦しい登板となった。投手・松葉にこの日、2本目の安打を許したところで降板。15年7月28日以来となるナゴヤドームでの白星とはならなかった。

 立ち上がりに先制点を与える。初回、先頭・大島に内野安打を許すと、1死二塁としアルモンテに右前適時打を打たれた。二回、三回は走者を出しながらも粘りの投球で無失点に切り抜ける。

 しかし四回、先頭・阿部に安打、加藤の二ゴロで1死二塁とする。打席には9番・松葉。2球で追い込んだが、3球目の外角変化球を左前にうまく運ばれた。

 ここで矢野監督は投手交代を決断。岩貞が1死一、三塁から2番手でマウンドに上がったが、大島に適時二塁打を浴び追加点を許した。それでも京田は空振り三振、アルモンテは三ゴロに抑え、大量点は与えなかった。




阪神・岩田 4回途中で降板 pic.twitter.com/35WjETfzdJ



岩田、ローテの谷間とはいえ4回投げきれないのは辛いわね


続きを読む