阪神「虎テレ」がアバター使い観戦できる新サービス

とらほー速報
1


阪神は15日、公式動画配信サービス「虎テレ」で「チャット&アバタービューイング」を、株式会社NTTドコモと共同で実施することを発表した。デジタル技術を活用した新たな観戦体験の形として、16~18日ヤクルト戦(甲子園)、27~29日中日戦(甲子園)の6試合で実施予定。

虎テレの視聴者同士がアバター(自分の分身となるキャラクター)を使って、チャットを楽しむことが出来る。また別途課金をすれば、アバターの着せ替えなども行うことができる。詳しくは阪神タイガース営業部(電話0798・46・1818)まで。




今日からの対ヤクルト3連戦、虎テレにて「チャット&アバタービューイング」を開催します! ファン同士でのアバターを用いたチャットや応援アクションをお楽しみください!選手の直筆サイングッズが当たるキャンペーンも実施します。 ▼詳細はこちら  https://movie.hanshintigers.jp/avatar2020/  pic.twitter.com/I4hHtSKY9j



@TigersDreamlink チャット、荒れに荒れそう


続きを読む