阪神・矢野監督、ドラフトは「100点に近い」1位佐藤は「外野になってくる」

とらほー速報
1


 「プロ野球ドラフト会議」(26日、都内ホテル)

 ドラフト会議を終えて、阪神は支配下選手8人、育成選手1人の計9人を指名した。高校生は1人となったが、矢野監督は「高校生の取りたい選手が取れなかったというところのマイナスはあるにしても、この順位でこの選手を取れたんだというのもあるんで、俺の中では100点に近いと思っています」と総括した。

 ドラフト1位に4球団競合した近大・佐藤輝明(21)を、矢野監督がくじで引き当てた。報道陣からの祝福に「ありがとう、ありがとう」と応じた指揮官。指名に至った理由を「スケールの大きいバッターって毎年毎年出てくるものじゃないんでね。そのスケールの大きさと身体能力、内野も外野もできる。総合力も高いというところで」と説明した。

 佐藤輝の起用法については「うちに、はまるのであれば外野になってくる。まあ、内野もできるっていうのは使う側としてはいろいろ増えるし、ポジション的にはそういうところかなと思っている」と外野を基本線にする考え。

 「悠輔(大山)が本塁打キングを取ってくれたら、右と左のチーム内での本塁打争いというのが、俺らも楽しみやし、タイガースファンも楽しみにしてくれる部分。俺としてはそれが一番見てみたい選手かな」と日本人同士のキング争いの期待をふくらませた。




高校生の取りたかった選手。右の大砲、井上か元やったんかな。正直この2人は阪神の2位まで残るか微妙やったけど残念すぎる。笹川も下位かと思ったけど来田より上の2位は想定外。 【阪神ドラフト総括】矢野監督大満足「かなり100点に近い」 昨年と一転、今年は即戦力重視  https://news.yahoo.co.jp/articles/9f302d4a0018a3c9b2ef4fac90251b5c6984df60 



阪神・矢野監督「100点」ドラフト総括 1位と3位の「“ダブル佐藤”でデカい」(デイリースポーツ) 去年の高校生主体の指名からガラッと変わって大学生、社会人メインか。 とりあえず近大の佐藤が獲れたのは確かにデカいね。  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201026-00000158-dal-base 


続きを読む