田澤純二「日本の野球はまだこんなことやってんのか、っていうのは正直思った。レベル低いなと笑」

なんJ 高校野球まとめ速報
https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1603765243/
D579D49D-EDF0-4F63-B420-DDF4DA53ECE0


1: 名無し 2020/10/27(火) 11:20:43.59 ID:1nsbPY9/p
「根性で野球がうまくなるなら苦労はしない」

田澤自身も、11年間離れていた日本でプレーすることで、多くのことを感じているという。

「まだ、こんなことやってんのかっていうのは、正直ちょっと思いましたね(笑)」。
9月のインタビューで、田澤は日本野球の現状について、こう語ってくれた。冗談めかしてはいたが、その口調は真剣そのものだ。

NPBではなく、あくまでも独立リーグの話、という前置きがあった上で、久しぶりの日本野球を田澤はこう評してくれた。

「例えば、『根性』っていう言葉がありますよね。ミスをしたり、練習でへばったりしたら、『根性出せ!』という言葉が飛び交う。
アメリカでの11年間ちょっと、グラウンドで『根性』なんて言葉は、一度も聞いたことがなかったです。根性で野球がうまくなるなら苦労はしないし、僕が日本にいたころから、そういう根本は全然変わっていないのかなと。年齢による上下関係もそう。
もちろん、ある程度の礼儀は必要かもしれないですけど、たとえば全体練習でベテランの選手がグラウンドに残っていると、若手は自分のメニューがとっくに終わっているのに、フラフラしながらずーっとその場にいるんです。
僕はそういう選手を見たら『いや、自分のやることが終わったら早く上がっていいよ』と言っています」

旧態依然とした慣習は、今も日本の野球界に根強く残っている。11年間、日本の野球から離れていたが、自分がいたころと何も変わっていない……。そこに、少なからずショックを受けた様子だった。

 

続きを読む