阪神2軍戦、小野寺が先頭打者本塁打 北川コーチも思わず「わおっ」

とらほー速報
onodera


 「フェニックス・リーグ、阪神-DeNA」(9日、SOKKENスタジアム)

 阪神の小野寺暖外野手が先頭打者本塁打を放った。

 先発・斎藤が初回を無失点で抑えた裏の攻撃。1ボールからの2球目を捉えた。139キロの直球をフルスイング。打球はぐんぐん伸びて、右翼フェンスを越えた。

 北川2軍打撃コーチは思わず「わおっ」とベンチから声をもらした。小野寺はゆっくりとダイヤモンド一周。ただ、ベンチに帰るとチームメートからの祝福はなし。「サイレントトリートメント」を仕掛けられたようだ。しばらくしてから「ナイスバッティング」という声が聞こえた。

 育成選手の小野寺は今季、目標に掲げていた支配下登録はかなわなかった。それでも持ち味の打撃は魅力十分。前日も5打数2安打1打点の活躍を見せていた。来季の支配下登録に向けて、宮崎でアピールを続ける。




⚾️フェニックス・リーグ⚾️ 阪神 #小野寺暖 選手が先頭打者ホームラン🚀🚀 逆方向にも飛ばされるパンチ力をアピール🙌🆚阪神 vs DeNA  https://elevensports.jp/video/42162 #イレブン・阪神 https://t.co/ehMuTcEaHc



@ElevenSportsJP 落合みたいな打ち方しとんな


続きを読む