阪神・球児 引退登板前に「高知くろしお感動大賞」の表彰 巨人・坂本から花束も

とらほー速報
1


 ◇セ・リーグ 阪神―巨人(2020年11月10日 甲子園)

 高知県を全国に発信し県民に勇気と感動を与えたとして、「高知くろしお感動大賞」を受賞した阪神・藤川球児投手(40)が10日、甲子園での引退登板を前に表彰された。

 高知県が新たに創設した「高知くろしお感動大賞」は、高知を全国に発信し、県民に勇気と感動を与えた人に贈られる賞で、藤川が第1号となる「感動大賞」を受賞。浜田省司知事から賞状が贈られた。同知事は「県民のみなさんに勇気と夢と感動を与えてもらった。引き続き関西と高知の橋渡し役としてスポーツの交流を中心に大活躍していただきたい」と感謝の言葉を述べ、今後の活躍も願っていた。

 その後、先日2000本安打を記録した巨人・坂本からも花束を受け取り、球場は大きな拍手に包まれた。




藤川投手、グラウンド上で「高知くろしお感動大賞」授賞式🥇#kyuji22 #藤川球児 #NPB #hanshintigers #引退試合#ホムラジ #夕刊フジ pic.twitter.com/bf6N4VHzo6



高知くろしお感動大賞 pic.twitter.com/Q1Prq3ehWV


続きを読む