阪神・大山への申告敬遠に甲子園大ブーイング 逆転キング狙い1番起用も…

とらほー速報
1


 「阪神-DeNA」(11日、甲子園球場)

 阪神・大山悠輔内野手が、五回の第3打席で申告敬遠された。本塁打王を狙い「1番・三塁」で起用され、最終戦に望みをかけた状況だけに虎ファンの大ブーイングが甲子園を包んだ。

 0-0の五回2死一、三塁、先制チャンスに大山は第3打席を迎えた。ここでDeNA・ラミレス監督がベンチから出て申告敬遠を告げると、虎党からため息がもれた。

 申告敬遠で1死満塁となったが、続く木浪がボテボテの二ゴロに倒れ、先制できず、結果的にラミレス監督のさい配が勝った。。5皆無失点で代打を送られた藤浪の勝利投手の可能性も消えた。




申告敬遠そりゃブーイングでしたでしょうが、こっちの隣には「大山一番とか姑息なことせんと1〜3番で塁埋めて打たしたったら良かったんちゃいます〜?⤴︎」て煽ってる人がいて強い



申告敬遠でブーイングしてる阪神ファンへ (*^○^*) 前2打席で2連続三振した大山と、これまで一番大山をやらなかった矢野にしてな!


続きを読む