最後のタイトル争いへ!DeNA梶谷、首位打者へ4の3で佐野逆転だ

De速
200909_05_01


1: 風吹けば名無し 2020/11/14(土) 05:10:49.64 ID:CAP_USER9



 “最後のタイトル争い”は、横浜で決着する。逆転での首位打者獲得の可能性があるDeNA・梶谷隆幸外野手(32)が、14日の巨人との今季最終戦(横浜)に先発することが13日、濃厚になった。 

 「だいぶ良くなっている。何もなければ先発で使うつもり」とラミレス監督が明かした。直近2試合を背中の張りで欠場していた梶谷は、この日の全体練習に参加。「しっかり準備して、試合に臨みたいと思います」と静かに闘志を燃やした。 

 巨人・岡本が本塁打、打点の2冠を確実にするなど今季の投打のタイトルはほぼ確定済み。残すは打率・328の佐野、同・325の梶谷による首位打者争いだけとなっている。佐野は故障離脱中で最終戦も欠場する見通し。梶谷は4打数3安打で逆転となる。 

 今季で国内FA権の取得条件も満たした梶谷。規定打席に到達して打率3割をクリアするのもプロ14年目で初めてで、タイトル争いの行方が注目される。

続きを読む