阪神・小幡が“人生初めて”一塁守備 フェニックス・リーグでチャレンジと収穫

とらほー速報
1


 「フェニックス・リーグ、阪神5-2ヤクルト」(14日、SOKKENスタジアム)

 阪神は2本の適時打を放った遠藤の活躍などで勝利した。投手陣は5人の継投で2失点。13日から宮崎に合流した馬場、小川、守屋がそろって登板した。

 八回の守備からは小幡が人生で初めて一塁の守備に就いた。「暖さんに借りました」と小野寺のファーストミットを借りて出場。2死から山崎が放ったゴロをさばくなど、「ちょっと不自然な感じはしました」と話したが難なくこなした。

 「1軍ではマルテの守備固めとかもある」と平田2軍監督。さらに「送球を受けることでファーストにちゃんといいボールを投げなきゃいけないってことがわかる。受け手の気持ちがわかるよ」ともう1つの狙いも説明した。

 小幡も「どういった送球が取りやすいのかとか、そういったのは感じました」と収穫を得たようだ。また「違うポジションに就いた時に、声かけのバリエーションも増えてくると思う」と新たな発見もあった。

 打撃でも2安打を放つなど1軍での経験が生きている。フェニックス・リーグでは「一番はしっかり振り切るということが大きな目標。その中で、出塁率というテーマを掲げながら取り組んでいます」と課題克服を目指す。




小幡を途中から一塁手で起用してるけど、一塁からの視点でどういうボールが捕りやすいのかを考えさせる意味もあるらしい。フェニックスリーグだからやれる試みだろうし、ここにまでイチャモンをつけることはない。 pic.twitter.com/pGIh5KefNo



小幡ファーストやらされてて草も生えない


続きを読む