阪神2軍遠藤「攻めた」2失策も2安打でミス挽回

とらほー速報
1


<フェニックス・リーグ:ヤクルト2-5阪神>◇14日◇SOKKENスタジアム

阪神19年ドラフト4位遠藤成内野手が攻守の課題に向き合っている。

「7番遊撃」で先発したヤクルト戦。低い重心がテーマの打撃では2本の適時打を右前、左前と広角に放った。一方、打球への1歩目とバウンドの合わせ方がテーマの守備では2失策を記録。「1つ目は攻めたエラーですけど、2つ目は少し引いた部分があった。気持ちの面で攻めて、そこからボールに合わせる作業をやっていきたい」と練習を積む。




1つ目は攻めたエラーですけど、2つ目は少し引いた部分があった。気持ちの面で攻めて、そこからボールに合わせる作業をやっていきたい。 阪神2軍遠藤「攻めた」2失策も2安打でミス挽回  https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011140001218.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp 



阪神タイガースのショート・遠藤成の本日の守備集(フェニックスリーグ) vs東京ヤクルトスワローズ https://t.co/cuLHqQhoVH


続きを読む