阪神 藤田健斗が「左手有鉤骨の骨部分切除術」を受けたことを発表 フェニックスL参戦中に負傷

とらほー速報
1


 阪神は19日、藤田健斗捕手(19)が大阪市内の病院で「左手有鉤(ゆうこう)骨の骨部分切除術」を受けたことを発表した。

 今月8日から開催されている「みやざきフェニックスリーグ」に参加していたが、13日の練習中に患部の痛みを訴えて、翌14日に帰阪していた。藤田は球団を通じて「怪我したことを後ろ向きに考えず前向きに考えて、こういう時にしかできないこともあると思うので、1日1日を大切にリハビリに取り組んでいきます」とコメントした。




阪神・藤田、左手首を手術「後ろ向きに考えず前向きに考えて」 - SANSPO.COM  https://www.sanspo.com/baseball/news/20201119/tig20111917350009-n1.html  @sanspocomより



阪神藤田 左手有鉤骨の骨部分切除術終了 「ケガをしたことを後ろ向きに考えず、前向きに考えて、こういう時にしかできないこともあると思うので、1日1日を大切にリハビリに取り組んでいきます」 (日刊スポーツ)  https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201119-21190578-nksports-base 


続きを読む